食事ダイエット

食事はダイエットにおいて最も重要なポイントです。
どんなに運動を頑張っても、食事でカロリーオーバーになっては意味がないためです。

ダイエットしようとするとき、多くの人はカロリー、脂質、糖質を「減らす」という点に着目しがちです。もちろんそれも大事なのですが、長期的にみると実は「増やす」ことが大事なのです。

ダイエットの食事で「増やす」ことが重要なわけ

なぜ「増やす」ことが大事なのでしょうか。
理由は2つです。

  • ストレスを少なくするため
  • 栄養素を満たして美しく痩せるため

ダイエットで減らすことばかり意識していると、食事量も少なくしがちです。

そうすると空腹感や物足りなさにつながり、ストレスをためることになってしまいます。
ストレスがあると不思議なことになかなか痩せませんし、痩せてもストレスから暴飲暴食しがちでリバウンドしやすくなります。

また、不要な栄養素を減らすことを意識すると、必要な栄養素まで減らすことになりかねません。そうなると肌や髪はぼろぼろになりますし、筋肉が減るのでたるんだ美しくない体になってしまいます。

栄養素が足りていないと体が飢餓状態となり、太りやすくなるという問題もあります。こうした問題を解決するために、「増やす」ことを意識すべきなのです。

ダイエット中に増やすべきはタンパク質とビタミンミネラル

増やすといっても、やみくもに食事を増やしたのでは普通に太ります。増やすのはまずタンパク質、次にビタミンミネラルです。
タンパク質は細胞を作るのに不可欠な栄養素であり、最も重要な栄養素です。

筋肉の元というイメージがあるかもしれませんが、筋肉だけでなく、骨も血も肌も髪もタンパク質でできています。

日本人女性は基本的にタンパク質が足りないので、意識してとらねばなりません。最低でも体重×グラム数はとるべきでしょう。
50キロの人ならば50グラムは最低必要です。

ただタンパク質をとると、体内での代謝にビタミンミネラルが必要となります。ビタミンミネラルが足りていないと上手に栄養が使われないので、それらもとるようにしましょう。

タンパク質、ビタミンミネラルが多く含まれる食べ物とは

それぞれの栄養素が含まれる食べ物とはどんなものでしょうか。

まずタンパク質が豊富なのは、

  • 大豆製品
  • 乳製品、特にチーズなど

こうした食品です。

大豆製品などの植物性のものより、動物性のものの方が吸収率が良いので、肉、魚と卵が基本です。
肉や魚は100グラムで10〜20グラムのタンパク質、卵は1つで6グラムです。

肉や魚を最低200グラム、卵は3つ以上を意識すればそこそこ満たせます。

ビタミンミネラルというと野菜や果物をイメージするかもしれませんが、実は肉、魚、卵などにも豊富に含まれています。

ですが肉や魚、卵には食物繊維が少なく、それだけだと便秘になりやすいので、そうした意味では野菜類がおすすめです。

  • 野菜類(特に緑黄色野菜と葉物野菜)
  • 海藻類
  • きのこ

これらが食物繊維も多く栄養も豊富なのでおすすめです。
生で食べられるものは生で食べるとよいでしょう。

納豆やキムチ、みそなどの発酵食品もおすすめです。

「増やす」ことを意識してストレスなくダイエットを

いかかでしょうか。
「増やす」ことを意識すると、食べてもいいものが増えるのでストレスが少なくなるのではないでしょうか。
栄養素を満たすことで元気にもなりますし、肌や髪もきれいになります。

ダイエットは一生続ける食事習慣なのですから、無理のない方法で行う必要があるでしょう。

バストアップに効果的な方法とは

豊満で美しい形のバストは女性のあこがれですよね。
でも成長期も過ぎた大人の女性にとってはなかなか難しいのも事実です。ですが工夫次第でバストアップは可能なのです。
バストアップに効果的な方法を紹介します。

バストアップのポイントは女性ホルモン

バストアップのカギを握るのは女性ホルモンです。

そもそも男性と違い、女性のバストが大きくなるのは、女性ホルモンが働いているためです。女性ホルモンがあるおかげで、バストの乳腺付近に脂肪が集まり、バストが大きくなるのです。

つまり女性ホルモンが分泌されるようにサポートしてやればバストアップが叶うというわけです。

女性ホルモンの分泌に必要なのはマッサージ、食事、睡眠。サプリメントもおすすめ

女性ホルモンの分泌にはマッサージ、食事、睡眠が重要です。バスト付近のマッサージは乳腺を刺激するため女性ホルモンの分泌を促進してくれます。
また女性ホルモンに似た働きをする成分や、ホルモンの材料を食事からとるのも大事です。

また、バストアップに効果的な成分をサプリメントでとるのもよいでしょう。ホルモンは夜間に分泌されるという特徴があるため、夜間に質の良い睡眠をとるのも重要です。

これらの工夫をトータルで行うとさらに高い効果が得られます。

マッサージをするときのポイント

バストアップマッサージには様々な方法があり、ネットなどで探せばいくつも見つかります。どのような方法で行うにしても、強くやりすぎないように注意しましょう。
強くやりすぎると乳腺が傷つき、脂肪を支えることができなくなり、胸が垂れてしまうおそれがあります。

また、マッサージは女性ホルモンが多く分泌される、排卵後から生理までの間に行うのがおすすめです。
それ以外の期間に行ってもよいですが、生理中は不快な感じがすることも多いので、不快な感じがしたらやめましょう。

食事をとるときのポイント

食事は高タンパクを意識しましょう。タンパク質は細胞のもとになるもので、当然バストの細胞を大きくするのにも必要です。

日本人女性は基本的にタンパク質不足なので、多すぎを心配することはありません。
むしろ積極的にとるべきでしょう。

また女性ホルモンと似た成分にイソフラボンがあります。豆乳などの大豆製品に多く含まれているので、適宜摂取すると効果的です。

ですが過剰摂取すると甲状腺にトラブルが起きる可能性がありますし、効果が高まるわけでもないので、適量を守りましょう。

睡眠のポイント

睡眠は夜の10時から2時までの時間帯にとるのが大切です。この時間帯に最も成長ホルモンが分泌されるためです。できれば湯船につかり、体を温めて、少し冷めたころに眠るのがおすすめです。そうすると眠りの質が高くなります。

様々な方法を組み合わせて

バストアップは一朝一夕にはできません。根本からバストアップをするには、食事、睡眠、マッサージなど様々な方法を組み合わせる必要があります。
いずれ結果は出ると信じて、根気強くやっていきましょう。