更年期に抜け毛が増えてしまう原因と改善法

更年期になると、女性は色んな体や心の悩みを抱えやすくなります。抜け毛が一気に増えてしまうのもその1つで、ホルモンバランスの乱れが影響しています。

そんな更年期の抜け毛の原因と、改善する方法を紹介しましょう。

女性ホルモンエストロゲンの減少

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまいますから、体に不調が出やすくなります。エストロゲンはツヤツヤの髪を作ったり、抜けにくくする働きがありますから、分泌量が減ってしまうと抜け毛が増えてしまいます。
出産後に一時的に抜け毛が増えて髪が薄くなってしまうのも、エストロゲンの減少によるものです。

しかし、諦める必要はありません。エストロゲン代わりになる食品などをしっかり取って、ホルモンバランスを整えてあげると、抜け毛も収まってくれます。

食品から大豆イソフラボンを摂取する

豆腐や納豆などの大豆製品には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれますから、食べ物として体内に取り入れてあげるとホルモンバランスを整えるのに役立ちます。
抜け毛を減らしてくれてふんわりした髪が育ちやすくなり、髪のハリやコシも戻ってきます。

豆腐や豆乳など色んなものから摂取できますし、サプリメントもあります。体内からホルモンバランスを整えられる優れもので、更年期の症状緩和にも役立ってくれます。

頭皮ケアで血行をよくする

頭皮も顔とつながった皮膚の一部ですから、年齢と共に潤いとハリが失われてしまいます。頭皮が硬くなってバリア機能が低下しますから、血行が悪くなってフケやかゆみのトラブルも増えてしまいます。

髪の毛は頭皮の奥の毛根などから作られていますから、血行が悪いと十分に栄養を届けられなくなります。そのせいで髪が細くなったり抜け毛が増えてしまいます。

改善するには頭皮の血行をよくして頭皮を健康な状態に保ってあげるのが重要です。女性専用の育毛剤を使って頭皮ケアを習慣化して、毛根にたっぷり栄養を送ってあげましょう。
抜け毛を防いでくれて、元気でツヤのある髪が育ちやすくなります。

ヘアケア方法を見直しながら抜け毛ケアを

パーマやカラーリング、日々のシャンプーなど、これらのヘアケアで頭皮のダメージが加わってしまいます。頭皮をいたわる方法に切り替えてあげて、ヘアケア方法を見直していきましょう。

それと同時にインナーケアでイソフラボンを取ったり、頭皮ケアを続けていけば、抜け毛も減ってくれます。ふんわりとボリュームのある若々しい髪へと戻ることができます。