つわりの楽な寝方とは?

つわりの症状は人それぞれですよね。ちょっとだけムカムカするだけで終わる人もいれば、妊娠期間ずっと気持ち悪さが続いたり、吐き気がひどい人もいるでしょう。また、気持ち悪さで夜眠れなくなることもあるかもしれません。今回はつわりの時の楽な寝方について紹介していこうと思います。

体の右側を下にして寝る

一般的に妊婦さんは体の右側を下にして寝るのが良いとされています。ではそれはなぜなのでしょうか。実は胃の形が深く関係しているのです。人間の胃の形は、そら豆のような形になっていて、右側を下にして寝ることで、食べ物や消化液がスムーズに腸へと移動します。逆に左側を下にして寝ると、食べ物や消化液の流れが悪くなり、ただでさえつわりでムカムカしたり吐き気がしているのに、それらの症状を悪化させてしまうことがあります。そのため、妊婦さん、また特につわり中の妊婦さんは右側を下にして寝ることがおすすめです。

抱き枕を使う

右側を下にして寝てみても、気持ち悪かったり、吐き気などで眠ることができない場合もあるでしょう。そんな時は抱き枕をしようしてみましょう。抱き枕を両足に挟んだり、ふくらはぎの下に入れてみたりしながら、楽な寝方になるように調整してみてください。もし抱き枕がないという人は、クッションや大きなぬいぐるみなどでも代用できます。ただ、うつ伏せの姿勢はお腹を圧迫して、つわりの症状を悪化させる場合があるのでおすすめはできません。

自分が楽だと思う姿勢で寝よう

基本的に、右側を下にして寝るのが良いですが、一番大切なのは、自分が楽だと思う姿勢で寝ることです。また同じ姿勢で寝続けると、人によっては筋肉が固まってしまい、肩こりや頭痛の原因になってしまいます。自分のその日の症状に合わせて、クッションや抱き枕などのアイテムを使い、寝方を調整してみてくださいね。

また、食べづわりという方は、空腹感で夜中に目覚めてしまい、何か軽食をつまむこともあるでしょう。しばらくは上体を起こしていた方が良いですが、しんどい時には、頭を少し高くしたり、ソファーの背もたれをギャッジアップするなどして、食べ物が下にスムーズに消化されるように調整してみてください。食べた後すぐに横になると、胃液や食べ物が上に上がってきてムカつきがひどくなる場合もあるので、気をつけましょう。
つわりは本当に大変かもしれませんが、赤ちゃんも必死にお腹の中で大きくなろうと頑張っています。赤ちゃんの存在にも思いを馳せながら、少しでもママがよく眠れて体の負担が楽になるように寝方を色々工夫してみてくださいね。